menu
th_IMG_2992

27回目の誕生日。僕の妻は象使いになった。〜第一話〜

ともに歩む家づくり

AYUMU HOME

 

こんにちは!こうすけです!

 

クアンシーの滝で水浴びをした前回のブログはコチラ

 

9月25日(月)

AM 7:00

th_IMG_2990

いつもよりちょっと早めに起きて朝ごはんを食べる僕とゆきピー。

それもそのはず!

今日は愛しのゆきピーの

 

誕生日なのです!!!

th_IMG_5290

一昨年はプロポーズ

th_IMG_5291

去年は結婚式と、イベンドづくしのゆきピーの誕生日でございました。

 

そして今年。

せっかくラオスにいるんですもの!何か面白いアイデアはないかと考えた結果、象が好きなゆきピーに

 

象使いの資格

 

をプレゼントすることにしちゃいました!笑

 

なんともこちらのラオスでは、

 

マホート

 

と呼ばれる国家公認の象使いの資格があるらしく、観光客も1日訓練?すればその資格がもらえるというのです!

ということで、そのマホート養成コースも含まれたツアーに参加することにしました!

th_IMG_2992

見てくださいこのワクワクしたゆきピーの表情!

象に乗りに行くと伝えた時のテンションの上がり方が想像以上だったのでよほど象に会いたかったんだなと。笑

 

朝ごはんを食べ終えたらいよいよツアーへ参加です。

th_IMG_2993

宿の近くに迎えにきてくれたツアーのバンに乗り込みます。

 

ツアーの予定はというと

 

ラオス焼酎「ラオラオ」を作るサンハイ村の見学(おまけ)

象の上に乗って散歩してみようの会(マホート養成コースではない)

パークウー洞窟見学(おまけ)

お昼

マホート養成講座(ここメインイベント!)

帰宅

 

という感じです。

th_IMG_2994

車に乗るなり気合いを入れるゆきピー。

なんでしょうこのピュアな眼差しは!

 

いろんな宿を回って、10人くらい乗せた後に最初の目的地「サンハイ村」へ向かいます。

 

トータル1時間くらい車に揺られて到着。

th_IMG_2999

かわいい子どもが迎えてくれました!

th_IMG_3006

この村は織物も有名らしく、至る所で女の人が作業をしています。

 

奥の方まで歩いてお酒を作っているらしき場所へ。

実際に使っているらしき壺や道具を見学しました。(あまり興味なかったので写真撮り忘れました。笑)

その隣には商品もチラホラ並んでいるのですが

th_IMG_3007

すごいの売ってるー!!!

 

いや、これ飲んで平気なやつなの?

てか蛇はわかるけどサソリどうやって入れたの?

なんて考えてたら

 

飲んでみなさいよ!!

 

と小ちゃいカップに注ぎ始めるおばちゃん。

 

強気か!!

 

僕はどうしても飲む勇気がなかったので

th_IMG_3008

その後用意してくれたワインを試しに飲んでみることに。

th_IMG_3011

こちらがそのワイン。

th_IMG_3009

いただきます。

th_IMG_3010

強い!!!

 

なんだか独特の甘さがありました。養命酒に近いような感じ。

 

短い短い見学を終えて車に乗り込み、象のところへ向かいます。

すると到着するやいなや

 

はい、こっち着いてきてー。

はい、この階段上がってー。

はい、この椅子乗っちゃってー。

 

なんて誘導され、気づいたら

th_IMG_3015

象の上にいました!笑

 

普通にめっちゃ高いです!

そしてめっちゃ揺れます!!

th_IMG_3017

後ろを振り向くとゆきピーが。

午前の部はまだマホート養成コースではないので、こうして椅子の上に乗って、象使いたちが先導してくれます。

th_IMG_4509

それでも見てくださいこのゆきピーの表情!

なんて楽しそうなんでしょう!

th_IMG_4508

th_IMG_4515

象もゆきピーも可愛さ全開ですよええ!!

 

そして僕たちを乗せた象御一行様は森の中を散歩しに行きます。

th_IMG_3018

しかし皆さんめっちゃ足場悪い道を行くんですね。笑

th_IMG_3023

ぐちゃぐちゃですやん。

th_IMG_3022

なぜか茂みに顔を突っ込んで草を食べ始めた僕の象。笑

th_IMG_3025

なかなか進まないのでマホートが乗り込み命令します。

th_IMG_3026

いやめっちゃくだるーーー!笑

th_IMG_3028

この時僕の全体重はこの簡易的に結ばれた棒一本で支えられていました。

なかなか、いやかなりスリリングです!

 

ゆきぴーは大丈夫だったかな?

と思って後ろを振り返ってみると

th_IMG_3030

いませんでした。笑

どうやらゆきピーの象さん、だいぶ遅れをとっているようです。

th_IMG_3033

こんな細い道も通って行く象さんたち。

ただこの道をすぎて広い道に出たところで、先頭のマホートさんが

 

後続の象さんたちがだいぶ遅れているので、一旦ここで待ちまーす。

 

みたいなことを言って、みんなで待機することに。

そうです。その中にはもちろん

 

ゆきピー(と象)も含まれています!笑

th_IMG_3035

こんな感じでのんびり待つこと10分。

ようやくゆきピー登場。

 

しかし!

 

僕はその瞬間、自分の目を疑ったのでした。

 

続く。

Pocket
LINEで送る

SUPPORT

  • AYUMU HOME
  • sanktus

PROFILE

山口昂良

「群馬の子どもたちに世界を。世界中の人たちに群馬を」をコンセプトに、ぐんまちゃんと一緒に新婚旅行で世界一周中です!

instagram @kosuke_ilmondo