menu
th_IMG_5762

首長族の村で聞こえた、忘れられない一言。

2017年11月4日(土)

PM0:30

 

夢のようだった昨日のことを振り返りながらのんびりと起きた僕とゆきピー。

今日はこれからバイクを借りてチェンマイ中心部から少し離れた場所に住む

 

首長族

 

に会いに行きます!

 

昨日参加したイーペンランナー・インターナショナル2017の様子はコチラ

 

さて、まずは僕だけ宿を出発しレンタルバイク屋さんを探しに行きます!

旧市街をウロウロすること約15分

th_IMG_5744

こちらのレンタルバイク屋さんを発見!

そして借りたバイクが

th_IMG_6189

こちら!

125ccで24時間レンタル(確か)250バーツ(約850円)

 

バイクの準備が整ったところでサクッと準備をして、2時前に

th_IMG_5747

出発!

th_IMG_4163

目的地である首長族がいる村までは約20キロ。

安全運転で参ります!

th_IMG_6190

旧市街付近は交通量が多いのでこんな感じで渋滞してます!

th_IMG_6191

割り込みの仕方もワイルドです。笑

 

そんなこんなで旧市街を抜け、走ること30分。

th_IMG_6192

小腹もすいてきたので休憩がてらランチタイムに!

th_IMG_6194

こちらゆきピーが頼んだジンジャーチーズバーカーとポテト。124バーツ(約420円)

タイの物価からしたらちょい高め。

th_IMG_6195

バーガーはこんな感じ。うまし!

th_IMG_6193

こちらはよく分からないけど美味しそうだったから僕が頼んだ丼もの。コーラとセットで77バーツ(約260円)

お肉自体は美味しかったのですが上にかかっているツブツブの食感がどうも嫌で頑張って取り除きながら食べました。笑

 

ご飯も食べ、大好きなコーラも飲めたところで運転再開!

そして走ること約15分

th_IMG_6196

首長族が暮らす村に到着!

th_IMG_6197

村の入り口で入場料を払います。一人500バーツ(約1700円)

th_IMG_6198

早速敷地内へと進んで行きます!

th_IMG_6199

入り口に近い場所にはおみやげ屋さんが並んでいます!

th_IMG_6200

小さな子どもたちがいました!

ただ、ここは一旦スルー。笑

th_IMG_6201

すると、集落らしきものを発見!

奥へと進んでみると

th_IMG_6203

アナ雪ガールのお出迎え!

 

思いのほかポップな服を着ていますが、首には首長族のトレードマークであるリングをはめています!

 

遂に首長族に会えたー!!!

 

世界一周前から写真で見たり、知人が会っていた首長族に自分たちも会えてテンションが上がる僕とゆきピー!散策を続けます!

th_IMG_6208

かわいい赤ちゃんとお母さんと一緒にお土産を売っている女の子。

てかお母さん、やはり首が長く見えますね!

th_IMG_6209

話しかけるとキラキラな笑顔で返してくれる女の子。

th_IMG_5758

一緒にパシャり!

よく見たらこの女の子の服もアナ雪!流行っているのでしょうか。笑

th_IMG_6214

無邪気に遊ぶ男の子。

th_IMG_6213

お土産の布の陰からひょっこりはん!笑

th_IMG_6215

お土産を売っているその場ではた織りをしている姿を見かけることもしばしば!

th_IMG_6216

この女の子はお母さんのお手伝いをしていました!

th_IMG_5762

ぐんまちゃんも混ざって記念撮影!

th_IMG_6226

ここは子どもたちに勉強を教える場所として使われているそうです!

th_IMG_6219

トウモロコシを頬張る坊や。

th_IMG_6221

トウモロコシを鼓笛隊の指揮者のように扱いながら行進し始めたアナ雪ガール!

th_IMG_6223

凛々しく歩いています!

th_IMG_6224

その後ろをついていく弟(多分)。

th_IMG_6218

穏やかな時間が流れます。

 

 

そんな中ふと聞こえてきた日本語。

 

 

 

こうやって動物園みたいに晒し者にされて、ひどいもんっすよね!

まあ、俺も写真撮りますけど!はは!

 

声の聞こえてきた方を振り返ると、僕たちより少し若そうな男子二人が歩いて通り過ぎていきました。

 

 

首長族はカレン族とも呼ばれ、タイの北部からミャンマー南部にかけてミャンマー南部にかけて居住していた民族だそうです。

元々昔からカレン族が住んでいた場所が政府の国有地化やミャンマーの内戦によって住めなくなり、大半がタイへ移住し、タイの国籍を持ったりタイの教育を受けたりして生活しているそうです。

 

そんな中、

 

首長族の容姿が観光商品の一つになっていて、首にリングをはめていると政府から生活費の支給がある。

 

とか

 

金儲けをしたい人が村に連れてきて閉じ込めている。

 

とか

 

ミャンマーから来て生活費を稼ぎに来ている。

 

なんて情報が書かれている記事も見かけます。

 

そしてそのような環境を

 

人間動物園

 

と例える人がいます。

 

 

これらの情報が真実なのかどうかもわからないし、僕には正直それらの真相を知る術はないのだけれど、

 

カレン族(首長族)が元々暮らしていた環境が奪われ生活が苦しくなった

 

のは本当のことだと思います。

それを踏まえた上で彼女たちは腹をくくって、覚悟を決めて、トレードマークであるリングを首にはめ、訪れた人たちと接しているのだと思います。

 

 

自分たちのことを知ってもらうために。

家族を守るために。

生き抜くために。

 

 

 

そんな彼女たちの覚悟を、思いを、踏みにじるような発言はしてはいけないはずなのに。

なのに。

その人たちが暮らしている、その場所で。

 

蛇口を捻れば水が出て、食べ物は大量に廃棄されるほどありふれ、当たり前のように電気が使え、義務として学校で教育を受けることができ、収入が少なければ生活保護さえもらえる日本という国で生まれ育ったであろう若者が。

 

彼女たちが決して教わることがなく、理解できないであろう、日本語で。

 

 

 

彼女たちが理解できないからといって、目の前でそんなことを口にしてしまう行為その行為に痛烈な虚しさを感じ、

 

キラキラした目で笑う子どもたちに、ごめんね、と、心の中でいうことしかできませんでした。

 

 

 

生きる。

 

 

ということはどういうことか、真摯に向き合い考える人が日本に、そして世界に一人でも増えたらいいな。

 

と、改めて思った瞬間でした。

 

続く。

Pocket
LINEで送る

SUPPORT

  • AYUMU HOME
  • sanktus

PROFILE

山口昂良

「群馬の子どもたちに世界を。世界中の人たちに群馬を」をコンセプトに、ぐんまちゃんと一緒に新婚旅行で世界一周しました!

instagram @kosuke_ilmondo