menu
th_IMG_2836

美しすぎる行政新首都、プトラジャヤ(ピンクモスク編)

こんにちは!こうすけです!

 

マレーシア3日目。

僕たちが向かったのは、マレーシアの行政新首都

 

プトラジャヤ

 

いよいよ楽しみにしていたピンクモスクの見学に行きます!

 

行き方やプトラ広場の様子をまとめた前回のブログはコチラ

 

8月29日(火)

PM2時過ぎ

 

お祈りの時間を終え、見学用に開放されるピンクモスクへと向かいます!

th_IMG_0521

正面から見るとこんな感じ!

迫力というか、異世界感がすごい!

 

見学できる時間のスケジュールはこんな感じです。

 

土曜日〜木曜日

9:00〜12:30

14:00〜16:00

17:30〜18:00

 

金曜日

15:00〜16:00

17:30〜18:00

 

ちなみにピンクモスクという読み方はあだ名みたいなもので、正式名称は

 

Masjid putra(プトラモスク)

 

だそうです。

th_IMG_0458

こちらが正面入り口。

ただ、観光客は正面右側の入り口から案内されます。

th_IMG_0459

これが右側の入り口を入ったところ。

th_IMG_0461

モスクに入るためには女性はローブを羽織らなければいけないのですが、入り口で貸してくれます。

男性も、露出が多いとローブを羽織らなければいけません。僕は大丈夫でした。

th_IMG_0463

受け取るゆきピー。

th_IMG_0519

すぐ隣にはインフォメーションがあります。

ちょっと目を離しているスキに、ゆきピーの変身が終わっていました!

th_IMG_0517

あっ、写真間違えました!

これは遊びに来ていた別の子どもたち。

ということで

th_IMG_0464

ジャジャーン!!!

ローブもエンジ色なので、より一層ピンクのモスクにマッチしますね!

何より、イスラム教の文化にこうして触れることで、色々知ることができますし、興味も持てます!素敵!

th_IMG_0467

早足でモスクの入り口へ向かっていくゆきピー。

th_IMG_0512

モスクの中は土足厳禁なので、靴を脱いでから入ります。

そしていよいよ中へ!ワクワク!

th_IMG_0488

赤い仕切りがあるところまで入れるみたいなので、入って見ると…

th_IMG_0487

th_IMG_0481

th_IMG_0470

 

美しい!!!

 

色あざやかなピンクと、優しい色合いのピンクが使われた装飾が、自然と僕たちを癒してくれる。そんな雰囲気です。

th_IMG_0468

ゆきぴーもテンション上がってこの表情!

th_IMG_0480

近くでは外国のお兄さんがお祈りの仕方を教わっていました。

th_IMG_2848 2

インカメでパシャり!

th_IMG_0477

イタリア人カップルに撮ってもらった1枚!

今度から撮ってもらった人とも一緒に写真を撮ろうと思った瞬間。

th_IMG_0482

美しいです。本当に。

 

モスクの中は広いので、少し散歩してみることに。

th_IMG_0507

こちらはモスクの側面。

th_IMG_0495

床もめちゃめちゃ綺麗です。

th_IMG_0497

風が心地よく涼しいので、ちょっとここで休憩。

th_IMG_0511

外の景色も楽しめます!

th_IMG_0504

のんびりした時間が流れます。

th_IMG_0496

お祈りに来ている人も、のんびりタイム。

 

気づいたら、軽く1時間くらいただただ座ってのんびりしていました。

th_IMG_0509

こんな風に何も気にせず、心地よい風に吹かれながらのんびりしたことなんて、今まであったかなあ。

なんて思うくらい、心地の良い時間でした。

 

次のお祈りの時間もあるので、重い腰を上げて出る準備をすることに。

最後にもう一度だけ、中を覗いてから帰りました。th_IMG_0472

やはり美しい!

何度見ても美しいです!!

ちなみに旦那お気に入りの1枚ですこちら。

th_IMG_0491

出口へと向かいます。

th_IMG_0518

ローブを返すゆきピー。

なんか急いで返した風。笑

th_IMG_0520

見たこともない作りの建物。

想像を超える美しさ。

そして、祈りを捧げる人々。

 

短時間の滞在でも、多くのことを感じることができました。

 

さて、これから帰らなければいけない僕とゆきピー。

帰りも当然バスを使います。

なぜなら安いからです!笑

th_IMG_0543

バス乗り場を探しながら、ちょっぴり散歩する僕とゆきピー。

しかし、いくら探してもバス乗り場が見つかりません。

自分たちで探すのは諦めて、インフォメーションで聞いてみることに。

th_IMG_0545

インフォメーションにいるお姉さんに聞いてみると、同じ

 

L15

 

と書いてあるバスに乗れば帰れるとのこと。

 

その時!!!

 

プトラ広場から駅に向かって出ようとしている(正確にはもう走り出している)L15番のバスを発見!

 

まじか!と慌てる僕とゆきピー。

 

そんな中、同じインフォメーションの中にいたおじちゃんがダッシュで外に出てバスを止めてくれて、無事に僕たちもバスに乗ることができました。

なんて優しいのでしょう。マレーシアの方々。

ありがとう、おじちゃん。

 

帰りもプトラジャヤを周りながら駅に向かうバス。

th_IMG_0406

バスから見えたすごい建物その1。

th_IMG_2925

バスから見えたすごい建物その2。

th_IMG_2928

プトラジャヤ駅バスターミナルに到着。

ここからはまた来た時と同じように、500番のバスに乗ればチャイナタウン近くのバス乗り場に戻れます。

 

500番のバスに揺られることまた40分ほどでチャイナタウンに戻り、宿に帰りました。

th_IMG_0546

ちょっと休憩し、夜ご飯を食べにチャイナタウンへ。

th_IMG_0547

選んだのはこんな感じの屋台。

th_IMG_0548

ゆきピーが頼んだドライヌードル(ワンタンスープ付き)

6.5リンギット(約170円)

th_IMG_0550

僕が頼んだピリ辛ドライヌードル(大盛り)

7.5リンギット(約200円)

 

どちらもうまし!!!

 

美味しいご飯に満腹になり、宿に帰って爆睡した僕たちでした。

 

続く。

Pocket
LINEで送る

SUPPORT

  • AYUMU HOME
  • sanktus

PROFILE

山口昂良

「群馬の子どもたちに世界を。世界中の人たちに群馬を」をコンセプトに、ぐんまちゃんと一緒に新婚旅行で世界一周中です!

instagram @kosuke_ilmondo