menu
rasu

生きてるだけで丸儲け

ブログ始めますと言ったものの、実は最近あるところから宿題を出され、英語の勉強に没頭しています。

IMG_9124

思いっきり中1レベルからやり始めていますが、やればやるほど湧き出てくるこの思い…

 

なぜもっと真剣に勉強しなかったんだ!!!

 

そしてブログを始めますと言ったものの、何から書けばいいのか考えるだけであっという間に過ぎていく時間。

実際にやろうとして初めてわかる事実…

 

文を書くって、めっちゃ難しい…

 

くそっ!涙で明日が見えない。でも

過去と他人は変えられないけれど、未来と自分は変えられる

って大学の時に誰かが言ってたし、きっとやればできるようになるし(悪あがき)。

むしろできるようにならないといけないし!

 

その顔で英語しゃべれないの?なんて言わせないためにもできるようにならなければ!

ブログも、つまらなくても文が変でもまず書かなければ!

ということで今回は、僕の「幸せ」の概念を180度変えたある出来事の話。(急)

 

それは大学生だった頃の出来事。楽しいキャンパスライフを送っていた僕の体に起こったある異変が。1年の秋ごろ、左胸のあたりに突如現れた痒みを伴う小さな湿疹。すぐ治るだろうなんて思っていたのも束の間、その湿疹は瞬く間に全身のあちこちに広がりました。

そう!僕はアトピー性皮膚炎になってしまったのです!

健康しか取り柄がなかった体にまさかのハプニング!!発症し始めのころは出たりよくなったりの繰り返しだったり、病院に行って薬をもらったりでなんとかやり過ごしていたのだけれど、3年の冬にアトピーはピークを迎えます。

尋常じゃないほどのかゆみと痛み。服を着る時も、シャワーを浴びる時も、肌に物が触れるだけで激痛が走り、あまりの痛みに夜も眠れぬ日々。そして全身が真っ赤になり、ところどころ火傷のようにただれ、いたるところから血も出て、顔も皮がむけボロボロ。その姿はまるでるろうに剣心の志々雄のよう。

2017528

ここまでではないけど。(今思えば写真撮っておけばよかった笑)。

身も心もボロボロになった僕は絵に書いたような自暴自棄になり、優しく心配してくれる人をことごとく傷つけ、あげくの果てに人に会いたくなくなり、人生初の引きこもりも経験します。

学校もバイトもサボり誰にも会わず、家で24時間痛みとかゆみに悶絶し、一生こんな体なのかと不安に駆られる日々。病院を回りに回っても悪化する症状。

 

人生が終わった…

 

生き地獄のような時間を過ごしていた僕は、生きているのが辛いと思うほど、精神的も肉体的にも限界が近づいていました。

そんな中、僕の状態を知っていた大学の友人から連絡があり、ある病院を紹介されます。その友人も手に重度の湿疹があったものの、その病院のおかげですっかり良くなったとのこと。

 

僕は藁にもすがる思いでその病院へ向かいました。

バスの中でも、電車の中でもボロボロの顔を見られてないか気にしながら…

 

病院に到着すると、診察室で待っていたのは安西先生のような雰囲気をかもし出す院長先生。

「よくこんなになるまで我慢したねー!」って笑われながら早速注射を打たれます。

2017526

腕にも心にも刺さります!!先生!!

そしてその後付け加えるように一言。

 

強い薬を全身に塗って、包帯でぐるぐる巻きにするよ!丸二日はそのまま安静、取るときは手伝う人が必要だから家族に連絡しておきなさい。

 

包帯?全身??ぐるぐる巻き???

 

 

そう!ついに僕はリアルに志々雄になる時がやってきたのです!

2017527

(画像はイメージです。顔までは包帯してません。駒形由美もいません。)

ただ、首から手首と足首まで寸分の狂いもなくまかれた包帯(この時もマジで写真撮っておけばよかった)。

そして大量の飲み薬と顔専用の塗り薬を渡され、また2日間引きこもり。

病院での注射、べっとり塗られた塗り薬、そして飲み薬。そのおかげか、たいぶ痛みもかゆみも和らいでいたので、本を読んで時が過ぎるのを待ちました。包帯で自分の体を見なくてもよかったので、精神的にも楽だったのを覚えています。

2017526

肌にも心にも沁みます!先生!!

 

そして二日後の夜。まるで志々雄のコスプレのような包帯を外す時がやってきました。

姉に手伝ってもらいながら恐る恐る外していく包帯。そして現れたのは、自分でも久しく見ていなかった肌色の体!

そう!まるで魔法がかかったかのように元の肌に戻っていたのです!!

2111140

(写真はイメージです。)

 

服を着ても痛くない、シャワーを浴びても痛くない!

思い切りベットに横になれて布団もかけられて、朝までゆっくり眠りにつける!

ボロボロの体を見てストレスを感じることもなければ、人にも普段通り会える!

そして何より

 

生きているという実感がある!

 

この時僕は思ったのです!

 

健康に生きているということが、こんなにも幸せなことなのか

 

この出来事で「幸せ」というものの価値観がガクッと下がった僕は、小さなことにも感謝できるようになりました。

 

勉強できる環境があること

ごはんが食べられること

友達と笑いあえること

ゆっくりお風呂に入れること

1日を無事に終えて、また新しい1日が始められること

 

今まで当たり前だと思っていたことは、実はありがたいことだったんだと。

 

そしてわかりました。

 

幸せはなるものではなくて、気づくものなのだと。

 

 

 

あなたにとって幸せとは

 

という質問に対して

 

生きていることです!!

 

なんて答えられるくらい小さなことでも幸せを感じられる典型的な超ハッピー野郎として生まれ変わった僕は、幸せを感じられる時はその幸せが倍増し、逆に辛いことや苦しいことがあっても、そのダメージが半減するようになりました!(あくまで個人の感想です)

 

「幸せ」ってもちろん答えも人それぞれだし、そんなのアホらしいとか、現実はそんな甘くないとか思われるかもしれない。

 

でも生きているから幸せを感じられるし、頑張れるし、辛く苦しいこともあるけど、それを乗り越えた喜びを分かち合える。

それに生きてさえいれば、いくらでも変えられると思うんです。

 

今後の自分の人生を!!

 

もちろん、いい方向に。

 

今ではアトピーになったことにも感謝してるくらいです。(もうなりたくはないけど)

 

人生で大切なことは、辛く苦しい経験が教えてくれた。

あの野獣の気持ちも、なんだかわかる気がしました。

美女と野獣

大ヒット上映中!!

 

ちなみに、僕が行ってアトピーの症状が劇的によくなったのは、

神奈川県は川崎市にある

柴田皮膚科医院

最寄はJR鹿島田駅(確か)

 

原因は人それぞれだったりで、一概には言えないけれ、もしアトピーで悩んでる人がいれば行ってみる価値はあると思います。

(僕自身は劇的によくなったので)

 

なんかまとめ方がよくわからなくなっちゃったけど、ひとつだけ言わせてください!

 

学生のみなさん!

 

なんだよー。マジ勉強だり~。

 

って思いたいところを

 

やったー!今日も勉強できるのかよ!超ラッキー!!

 

ってモチベーションでしっかり勉強できれば、26歳にもなって中学の勉強をやり直す必要はないでしょう!きっと!笑

 

では。

Pocket
LINEで送る

SUPPORT

  • AYUMU HOME
  • sanktus

PROFILE

山口昂良

「群馬の子どもたちに世界を。世界中の人たちに群馬を」をコンセプトに、ぐんまちゃんと一緒に新婚旅行で世界一周しました!

instagram @kosuke_ilmondo