menu
jinnsei

人生は冒険だ

突然なのですが、僕が尊敬している人物の一人に「清木場俊介」という歌手がいまして。

kiyoki

EXILEというグループの第一章のボーカルで、相方のATSUSHIさんと歌う姿がそれはそれはカッコよく、僕も中学生のころからライブに行くくらい好きで。

ところが自分のスタイルを追い求め、清木場さんはEXILEを卒業。もう二人が一緒に歌う姿を見られなくなることにかなりのショックを受けました。この時僕は15歳。

ただ昨年!もう見られないと思っていた二人の共演が実現!

201

なんと実に10年ぶり!あの頃はもう見られないと思っていた二人の歌う姿を見た僕は、感動のあまり危うく泣きそうになりました…

 

いやいや、何の話やねん!と思う方もいるかもしれませんが、この出来事をきっかけにふと僕はこんなことを思ったのです。

 

10年前(細かいことを言うと11年前)15歳だった僕は、どんな将来を思い描いていたのだろう?

 

 

15歳だった僕が想像していた、10年後の自分は?

image1 (1)

image3

ロッテのエース!!!

ちなみにロッテとは千葉ロッテマリーンズ。エースとはそのチームで1番すごいピッチャーのこと。

そう!僕の夢はプロ野球選手になることでした。

15歳の僕は甲子園に行き、鳴り物入りでプロの世界に進み、ブイブイ言わせてチームの日本一に貢献し、華々しくヒーローインタビューを受ける自分を想像していました。

しかし!現実はもちろん厳しく(笑)高卒でプロ野球の道に進む予定だった15歳の僕は、高校で挫折をし、プロを諦めるなんて思ってもいなかったでしょう。

でも、15歳の僕は

卒業

東京の大学に行くなんて考えていなくて

karaage

学食でみんなと食べるから揚げ丼のおいしさも知らなくて

baito

ステーキ屋さんでバイトするなんて思ってなくて

kouenn

高円寺なんて地名も知らなくて

すま

旅なんかしたことないのに旅好きが集うカフェバーで働くなんて思ってもなくて

DSC_0282

ヒッチハイクで旅をするなんて思うはずもなく

DSC_0412

勢いで金髪にするなんて考えたこともなくて

sunibo

スノボの楽しさも知らなくて(群馬帰ってきてから行ってないけど)

ゆめ

あのテーマパークで働くなんて思ってもいなくて

hutukayoi

二日酔いの恐ろしさも知らなくて…

 

ほかにも書ききれないくらいたくさんのことがあったけど、15歳の僕は

tomodachi

 

tomodachiii

tomodachiiii

tomodachii

こんなにたくさんの人たちと出会えるなんて思っていませんでした。

 

そして15歳の僕は

SONY DSC

名前も知らなかった隣の中学の子に恋をするなんて思いもしていなくて

923A8648

シンデレラ城の前でプロポーズするなんて夢にも思ってなくて

160925aa0012

結婚式の準備が大変だということも知らなかったけど

cropped-1-1.jpg

160925aa1850

160925aa2266-2

160925aa2471

この日が人生で最高に幸せな日になるなんて想像すらできなくて

%e3%82%bb

「世界一周」なんて言葉も知りませんでした。

 

僕は思いました。

15歳の自分には想像できっこない楽しい人生を歩んでいる。

 

もちろんプロ野球選手になれなかった自分を肯定するわけではない(今でもたまに悔しくなる)し、もちろんいいことばかりの人生ではなくて。

過去には軽いいじめを受けたり、突然アトピー性皮膚炎になって生きることが辛いと考える時期もあった。

でも、その時は苦しくても今となっては「ああ、あんなこともあったな」なんて前向きに考えられるし、悔しかったり辛かった経験から学んだこともたくさんあって、今では感謝してるくらい!

まさに人生山あり谷ありだな!と。笑

そして気づきました。

何より僕が楽しく豊かな人生を送ることができているのは

今まで出会ったくれたたくさんのおかげだと!

たくさんの人に出会ってたくさんの人と朝まで飲んで、たくさんの人と話せたことで多くのことを学ぶことができて。多分今まで出会えた人が一人でも欠けていたら僕の人生はこんな風になっていなくて、想像したらちょっと恐ろしいくらい。出逢ってくれた皆さん、ありがとう!本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

 

これを読んでくれた人もそうでない人も、機会があったら自分の人生を振り返ってみてほしい!小さい頃思い描いていたままの人生を送っている人はあまりいないんじゃないかな。(もしいたらごめんなさい)

でも、自分の中で想像できなかった出会いや発見を楽しんで、未来へ活かしていくことが人生のおもしろさなんじゃないかなと、たかが26歳の若者は思ったわけです。いいことも悪いこともある。その経験をもとに自分で道を作っていく。まさに人生とは冒険そのものなんじゃないかと。

進学とか就職とか、新しい環境にチャレンジする人も増える春。生きていれば思うようにいかなかったり、辛いことや苦しいこともあるけれど、その時踏ん張れば未来には想像もできない人生が待っています。きっと。

 

人生何があるかわからない、だからおもしろい

jan

まさにあなたの言うとおりです!ジャンポケ斉藤さん。

 

5年後、10年後、いったい僕は何をしているのだろう。

なんて今考えていても、きっとまた想像もできない人生が待っているんだとは思うけど、過去の自分に

「めちゃめちゃ楽しい未来が待ってるから楽しみにしとけよ!」

なんて胸を張って言える人生にしていけたらいいな。

202

この二人が歌う姿も、またいつか生で見たいな。笑

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

SUPPORT

  • AYUMU HOME
  • sanktus

PROFILE

山口昂良

「群馬の子どもたちに世界を。世界中の人たちに群馬を」をコンセプトに、ぐんまちゃんと一緒に新婚旅行で世界一周中です!

instagram @kosuke_ilmondo