menu
th_IMG_1638

バリ島5日目!芸術の村「ウブド」へ!〜猫の教え編〜

ともに歩む家づくり

AYUMU HOME

 

こんにちは!こうすけです!

 

マッサージとローカルな食堂に癒された前回のブログはコチラ

 

そしてその続きを!

 

9月9日(土)

AM9:00

 

バリ生活では初めて早起き(そうでもないが)をした僕とゆきピー。

今日はこれからバリ島の中でも大人気、芸術の村と呼ばれる

 

ウブド

 

に向かいます!

th_IMG_3549

バイクを借りて、約30キロのドライブ。

朝ごはんはゆきぴーの希望により、途中にあるマックで食べることになったので、今回は宿では食べません。笑

th_IMG_1635

準備をして、いざ出発!

と、思いきや

th_IMG_1636

我らのアイドル、ケムがノコノコとやってきて

th_IMG_1637

今日もカワイイねーなんてやってたら

th_IMG_1638

乗った。

何台もあるバイクの中からなぜか僕たちのバイクを選んで、乗った。

 

そして

th_IMG_7292

座った。笑

 

ケム、これから僕たちは出かけるんだよ…

 

そう伝えてもなかなかどいてくれないケム。

とりあえず笑うしかない僕とゆきピー。

 

今すぐにでも出かけられるのに出かけられないこの感覚。

これはまるで電車が10分遅れたり、ちょっと渋滞に巻き込まれただけで多少なりとも文句を言ってしまう日本にいた頃の僕たちを彷彿とさせる感覚でした。

 

しかし、ケムは無言で僕たちに伝えてくれました。

 

何をそんなに急いでるんだい?

人生なんて思うようにいかなくて当たり前なのさ!

そこでイライラするか、その状況を受け止めてこの先の出来事を楽しむ準備をするか。

どちらの選択が自分の人生にとって大事だと思う?

 

と。

 

ケムは生きていく上で大切なことを僕たちに伝えるために、あえて僕たちのバイクに乗って座ってくれていたんだ。

 

ありがとうケム。

君のおかげで僕たちは今後の人生、常にポジティブに生きていけそうな気がするよ!

 

それに僕たちが気づいた瞬間、ケムはササっとバイクから降り、どこかへ消えていきました。

 

何か大切なことに気づいた僕とゆきピーはバイクにまたがり、ウブドマクドナルドに向けてようやく出発します!

th_IMG_1639

僕たちが宿を出るとき、天気はあいにくの曇り空でした。

ただ僕とゆきピーは気にしません。

なぜなら一緒に出かけられるだけできっと楽しいことは起こるから!

ケムにお礼を言いながら、僕はハンドルを握りしめました。

 

走ること約10分。

th_IMG_1646

マクドナルド到着!

th_IMG_1647

いかにもバリ風な看板。

th_IMG_1640

朝ごはんを買うゆきピー。

th_IMG_1641

まだ割と早い時間だったので、朝マックメニューでした。

th_IMG_1642

ゆきぴーはソーセージマフィンwithエッグのセット。

th_IMG_1644

僕は単品のソーセージマフィンwithエッグ。

なるべく安く済ませたいのでドリング等はシェアする作戦。笑

 

美味しく朝ごはんを食べた僕とゆきピー。

 

今度こそようやくウブドに向けて出発です!

ただ、ウブドまではまだ20キロ以上。

帰りのことを考えたら、ガス欠だけはしたくない。

 

ってことで、たまたまマックの向かいにあったガソリンスタンドでガソリンを入れることに。

th_IMG_3552

ガソリンスタンドに乗り込む僕とゆきピー。

 

留学中に教わった

 

Fill it up please!

(満タンでお願いします!)

 

をドヤ顔で店員さんに伝える僕。

ガソリン代は3リットル弱入れてもらって18000ルピア(約150円)でした。

(レシートもらってなのであくまで参考程度に捉えてもらえるとありがたいです。笑)

 

メーターを見てみると

th_IMG_3558

来た!満タン!

 

ドライバーにとってこれ以上心強い味方はないんじゃないかと個人的に思う満タンを手に入れた僕とゆきピーは、芸術の街「ウブド」に向けて出発するのでした!

 

続く。

Pocket
LINEで送る

SUPPORT

  • AYUMU HOME
  • sanktus

PROFILE

山口昂良

「群馬の子どもたちに世界を。世界中の人たちに群馬を」をコンセプトに、ぐんまちゃんと一緒に新婚旅行で世界一周しました!

instagram @kosuke_ilmondo