menu
th_IMG_5179

当時の人は恐竜を知っていた?アンコール遺跡群最終章!

ともに歩む家づくり

AYUMU HOME

群馬県高崎市にあるデザインプロダクション

sanktus

 

こんにちは!こうすけです!

 

2017年10月16日(月)

AM11:00

 

遺跡見学最終日ということで色々な場所を回っている僕とゆきピー。

というわけでその続きです!笑

 

ニャック・ポアンまで見学を終えた僕とゆきピー。

お父さんの待つ場所へと向かい、次の遺跡へと移動します!

 

人工の池「ニャック・ポアン」までの見学の様子はコチラ

 

th_IMG_4989

お父さんのトゥクトゥクに乗って移動します!

辿り着いたのは

th_IMG_4990

タ・ソム

 

という遺跡!

今まで見てきた遺跡に比べるとだいぶコンパクトです!

th_IMG_4992

中へと入っていきます!

th_IMG_4993

規模は小さいながらも立派なレリーフがあります!

th_IMG_4994

なんだか不思議な石。

th_IMG_4995

バイヨンのような顔もありました!

 

サクッと見学を終えたところで

th_IMG_5014

お父さんのトゥクトゥクに乗って移動します!

th_IMG_4997

途中で遭遇した牛の大群。笑

 

そして到着したのは

th_IMG_4999

東メボン!

 

なんとこの寺院、巨大貯水池「東バライ」の中央に建っており、以前はその貯水池に浮かんでいたんだそうです!

(残念ながら現在は干上がっていて水には浮いていません。)

th_IMG_5000

進んでいきます。

th_IMG_5003

遺跡の角にいた象さん!

th_IMG_5004

いくつもの段々があります!

th_IMG_5007

頭の中にいた仏像さん。

th_IMG_5006

細かいレリーフ。

th_IMG_5009

中央の塔。

th_IMG_5010

塔側から見た遺跡。

この辺りまで水はあったのかなあなんて考えながら見学します!

th_IMG_5011

中央の塔から一段下がったところ。

th_IMG_5012

綺麗な蝶々もいました!

 

一周したところで

th_IMG_5014

またお父さんのトゥクトゥクに乗って移動します!

 

次に向かうのは

 

プレ・ループ

 

という遺跡。

961年にラージェンドラヴァルマン王が建立した霊廟寺院だそうで、夕日の観光名所でもあるそうです!

ただ、残念ながら僕たちは時間の都合で夕日は見られません!笑

th_IMG_5017

遺跡に到着です!

th_IMG_5018

階段のふもとにあるこの石槽。

当時、この石槽の中で死者を火葬しその灰で死者をかたどった線を描く儀式が行われていたそうです。

th_IMG_5023

階段を登って上から眺めるとこんな感じ。

th_IMG_5019

場所を移動して遺跡全体を見下ろすとこんな感じです!

th_IMG_5022

アフロ風のシーサーみたいなワンちゃんの目線から見える景色。

th_IMG_5020

中央にある塔はこんな感じです。

th_IMG_5024

階段を降りて出口へと向かうのですがこれがなかなかな角度!

th_IMG_5025

怖がってなかなか降りられないプチ高所恐怖症のゆきピー。

かわいい。笑

th_IMG_5026

さらば!プレ・ルーフ!

 

この後は一旦お昼ご飯。

th_IMG_5027

僕はチャーハン。

th_IMG_5028

ゆきピーはヌードルスープみたいなやつ!

 

さて、ご飯も食べ涼しい場所で休憩もした僕とゆきピー。

次なる遺跡のタ・プロームへと向かいます!

 

ここで今まで読んでくれていた人は

 

あれ?タ・プロームってところ前も言ってなかったっけ?

 

なんて思うかもしれません。

 

確かに僕たちは遺跡見学の二日目にタ・プロームに行ったんです!

 

しかし!

実は!

同じタイミングでめちゃめちゃ多人数の団体ツアー客と被ってしまいゆっくりと見学できなかったのです!

 

あんなに迫力ある遺跡をもう一度じっくり見て回りたい!

そう思った僕とゆきピーはお父さんに相談し、今日の見学プランを変更してもらったのです!

ということで皆さんもお付き合いください。笑

 

てなわけで来ました

th_IMG_5029

(2回目の)タ・プローム!

th_IMG_5031

前回と同様に東門から入っていきます!

th_IMG_5032

入口を横から見るとこんな感じ。

中に入り振り返ると、いました!

th_IMG_5033

大木!

ビッグツリー!!!

 

何度見てもすごい迫力です!!!

th_IMG_5034

離れてもカメラを横にすると全体が入りません。汗

th_IMG_5037

もはやアンコール遺跡群の名物であるレリーフを横目に進んでいきます。

th_IMG_5038

あちこちにあるビッグツリー。

th_IMG_5040

めっちゃ大きい切り株。

さすがに大きすぎて切られちゃったのでしょうか。

th_IMG_5043

ビッグツリーとゆきピー。

th_IMG_5064

木の根に包まれてしまったデヴァターと呼ばれる仏像。

実際に見るとかなり小さかったですが。笑

th_IMG_5045

大きな木の根?とゆきピー。

th_IMG_5047

そして僕。

 

さて、実は今回タ・プロームに来たのにはもう一つ理由があったのです!

それは…

 

恐竜のレリーフを見つけること!!!

 

なんと大昔に作られたこの遺跡に恐竜のレリーフがあるというのです!なんとも不思議!!

そしてこの事実を知った恐竜大好きゆきピーがどうしても見たいということで遠路はるばるやって来たのです!

 

てなわけで恐竜のレリーフを探すこと約1時間。遺跡見学終盤の出口近くで遂に見つけたのです!

th_IMG_5059

観光客に人気なあの写真スポットのちょうど反対側の壁面にその子はいました!

th_IMG_5062

こちらがその壁面。

th_IMG_5060

こちらがその恐竜です!

th_IMG_5061

ジャジャーーーーン!!!

 

た、確かに恐竜っぽいフォルムをしています!

昔の人は恐竜の存在を知っていたのでしょうか?

 

というより何より注目していただきたいのはこの恐竜のレリーフに会うために恐竜Tシャツを選んで着て来たゆきピーの圧倒的可愛さです!!!

そのゆきピーの可愛さに夢中で恐竜のレリーフをアップで撮るの忘れましたすみません!笑

th_IMG_5186

記念に二人でパシャり!

 

ゆっくり遺跡見学もできて恐竜のレリーフを見つけられ、満足な僕とゆきピーは足早に出口へと向かいます!笑

th_IMG_5066

出口付近でも記念にパシャり!

 

その後はお父さんのトゥクトゥクに乗って

th_IMG_5067

th_IMG_5068

th_IMG_5069

th_IMG_5070

th_IMG_5075

th_IMG_5079

上智大学アンコール遺跡国際調査団の調査・研究対象になっている

 

バンテアイ・クデイ

 

という遺跡へ行った後に、当時の王と王妃が利用していたと言われる沐浴池

th_IMG_5082

スラ・スラン

 

を見て、この日の全行程が終了!

3日間に渡って行われたアンコール遺跡見学は、大満足で終わりを迎えたのでした!ちゃんちゃん!

 

(終盤、かなりあっさりまとめましたがこのブログのバランスを考えての僕が考える最善策であり、決して妥協したわけではありません。ご了承ください。笑)

 

続く。

Pocket
LINEで送る

SUPPORT

  • AYUMU HOME
  • sanktus

PROFILE

山口昂良

「群馬の子どもたちに世界を。世界中の人たちに群馬を」をコンセプトに、ぐんまちゃんと一緒に新婚旅行で世界一周しました!

instagram @kosuke_ilmondo