menu
th_IMG_4918

ついに始まるアンコール遺跡群見学!

ともにあゆむ家づくり

AYUMU HOME

群馬県高崎市のデザインプロダクション

sanctus

 

こんにちは!こうすけです!

 

パブストリートの飲食店でアンコール王朝の歴史を学んだ前回のブログはコチラ

 

10月11日(水)

AM7:30

 

いつもより気持ち早めに起きた僕とゆきピー。

今日から楽しみにしていた

 

アンコール遺跡群巡り

 

を始めます!

th_IMG_4858_2

泊まっている宿でツアーをお願いできるので、今日はその中のCコース

 

東洋のモナリザ!バンテアイ・スレイ

カンボジアの聖山!クバール・スピアン

まるでラピュタ!ベンメリア

 

を周ろうと思います!

th_IMG_4355

ケルベロスがお見送りしてくれました!

th_IMG_4356

こちらが僕たちが泊まっている宿

 

イキイキゲストハウス

 

のトゥクトゥク!

th_IMG_4357

家族で経営している宿で、お父さんがドライバーとしていろんな場所へ連れて行ってくれます!

ということでいざ出発!!!

 

まずはアンコール遺跡群の入場チケットを買いに行きます!

th_IMG_4360

ここがチケットを売っているところ。

th_IMG_4361

カウンターに並んでチケットを買います!

th_IMG_4363

こちらがそのチケット!なんと顔写真付き!笑

写真はその場で撮ってくれるので持っていく必要はありません。

僕たちは3日使える券を買いました!一人62ドル(約7,000円)

つい最近値上げしたそうです…泣

th_IMG_4364

チケット売り場のそばにはおみやげ屋さんもありました!

th_IMG_4365

お父さんのトゥクトゥクに乗り込み、いよいよ遺跡へと向かいます!

th_IMG_4366

道を走っているといたるところにいる牛。

th_IMG_4367

現地の人たちの家も見えます!

th_IMG_4373

田んぼ。

th_IMG_4378

自転車に乗って学校へ向かう子がいました。

 

そして9時ごろ。記念すべき最初の遺跡である

 

バンテアイ・スレイ

 

に到着!

クメール美術の至宝と言われるバンテアイ・スレイ。

作家アンドレ・マルロー(のちのフランス文化大臣)が、あまりの美しさに盗み出そうとして捕まったと言うエピソードが残る彫刻

 

東洋のモナリザ

 

が残っているそうです!

てか何やってるんすかアンドレさん。笑

th_IMG_4382

こちらが入り口。

中へと進んでいきます!

th_IMG_4384

てくてく。

すると見えてきました!

th_IMG_4385

遺跡です!

ただ、ゆきピーの可愛さが目立って遺跡が霞んでますすみません。笑

早速近づいてみます!

th_IMG_4387

こちら入口。

th_IMG_4386

上にある彫刻。とても細かい!

中へと進んでいきます!

th_IMG_4389

中はこんな感じ。

th_IMG_4391

とりあえずうろちょろしてみます。

th_IMG_4392

壁には文字が彫ってあります!

th_IMG_4393

クメール式のお祈りをしている人たちがいました!

th_IMG_4398

遊ぶゆきピー。

th_IMG_4402

こちらは舞踊の創始者と言われるシヴァ神が踊る姿。

シヴァ神は100種類以上の踊りができるそうです。すごい!

th_IMG_4396

こちらが遺跡の中心部。

割とこじんまりとしています。

そしてこの塔にアンドレさんが欲しくて欲しくてたまらなかった東洋のモナリザが彫られているんです!

それではお見せしましょう!ワントゥースリー!

th_IMG_4401

小さい!!!笑

 

お分りいただけるでしょうか。画面中央にある人の形のような彫刻、あちらが東洋のモナリザでございます!

近づけないのでこんな感じでしか見えないのですが、拡大するとやはり非常に細かい作品だなとわかります!

 

他にもちらほら細かい彫刻はあったのですが、とりあえず東洋のモナリザが見られた僕とゆきピーは満足したのでフラフラして見学終了!笑

th_IMG_4408

こちらは外から見たバンテアイ・スレイ。

水が溜まった堀に囲まれています!

th_IMG_4411

遺跡の周りの塀を現地の方々が工事してました。

遺跡の外で待っているお父さんのトゥクトゥクに乗って次の遺跡へ向かいます!

th_IMG_4413

こんな感じの景色の中を走っていきます。

th_IMG_4415

未舗装のダートコースもなんのその!ぐんぐん進んでいきます!

 

そして本日二つ目の遺跡である

 

クバール・スピアン

 

の入口に到着!

th_IMG_4462

こちら入口にある看板。

しかし、クバール・スピアンはシェムリアップの源流にある水中遺跡。

駐車場から山道を40分登らないといけません。

th_IMG_4416

この道を行くのかーって表情のゆきピー。笑

th_IMG_4418

この橋を渡ると登山スタートです!

th_IMG_4420

こんな森の中を歩いていきます!

th_IMG_4422

こだま風ゆきピー。

th_IMG_4423

現地の方々が落ち葉を掃除してくれています。

th_IMG_4424

け、険しい…

思いのほか険しい…

足元の悪い急斜面を登っていきます!

th_IMG_4425

平地に出ました!ずっとこんな道が続けばいいのに…

th_IMG_4426

めっちゃ大きな石を横目に歩きます!

気温は暑いけど道が平らになったしスイスイ行けるーなんて思ってたら

th_IMG_4428

とんでもない道になった。笑

th_IMG_4429

さっき見たサイズの石がゴロゴロあるー!

th_IMG_4430

もはや道がないー!笑

th_IMG_4431

宇宙人の顔みたいな石。

てか土台とのバランスがすごい!

そんなこんなで登り始めて40分弱…

th_IMG_4433

ついに水(滝)を発見!

きっとゴールはすぐだと気合を入れ直し歩きます!

th_IMG_4435

このラスボス感満載の道を通り抜けるとありました!

th_IMG_4436

水中遺跡

 

クバール・スピアン!

th_IMG_4437

川のいたるところにレリーフがあります!

th_IMG_4438

ブラフマー神が迷走瞑想する様子のレリーフ。

th_IMG_4439

シェムリアップ川とゆきピー。

th_IMG_4445

th_IMG_4444

たくさんあるレリーフ。

th_IMG_4440

th_IMG_4442

th_IMG_4441

こんな不思議な形の彫刻もあります!

th_IMG_4447

川の底にはこんな模様も!すごい!

 

色々見られたし、入口でお父さんも待ってるからそろそろ行こうかーって帰ろうとしたその時

th_IMG_4449

突然現れた女の子!

僕たちの方をチラチラ見ながら歩いています。

何だろうと思いついて行ってみると

th_IMG_4450

坊たちが気づかなかったレリーフを案内してくれました!

th_IMG_4451

ワニ。

th_IMG_4452

3人衆。

th_IMG_4453

女の子いわくカエル。

th_IMG_4454

何やら階段を降りて行く女の子。

th_IMG_4457

滝がありました!

th_IMG_4455

水を浴びる外人さん。笑

一通り見学を終えて、40分かけてお父さんの待つ入口へと戻ります。

th_IMG_4458

色々案内してくれた女の子。ありがとね!

th_IMG_4460

来るときに見た大きな石に乗ってみるゆきピー。

そして無事に入口に到着!

 

この後はカンボジアでアンコールワットと同じくらい楽しみにしていた

 

ベンメリア

 

へと向かいます!!

 

続く。

Pocket
LINEで送る

SUPPORT

  • AYUMU HOME
  • sanktus

PROFILE

山口昂良

「群馬の子どもたちに世界を。世界中の人たちに群馬を」をコンセプトに、ぐんまちゃんと一緒に新婚旅行で世界一周しました!

instagram @kosuke_ilmondo