menu
th_IMG_4136

ありがとうボロブドゥール!ありがとうインドネシア!

ともに歩む家づくり

AYUMU HOME

 

こんにちは!こうすけです!

 

神秘的なサンライズをボロブドゥール遺跡から見た前回のブログはコチラ

 

9月14日(木)

AM7:30

 

早起きに成功し無事にサンライズを見ることができた僕とゆきピーは、一旦ホテルに戻って朝ごはんを食べることにします!

th_IMG_2314

あちらがホテル。

th_IMG_2315

途中にあった牛使い?の銅像。

th_IMG_2316

チェックイン時にもらったこのチケットを使って朝ごはんを食べます!

th_IMG_2319

お腹いっぱい食べられるビュッフェスタイル!

th_IMG_2317

謎に照らされたサラダコーナー。笑

th_IMG_2326

各フレッシュジュースと、野菜や果物が入った水。笑

th_IMG_2320

スープやおかゆもありました。

th_IMG_2321

並んでるメニューを一通り取って来てこんな感じ。

ちなみに僕はチャーハンをおかずに白米が食べられます!笑

ご飯はどれも美味しかったです!(匂いから苦手だと判断して少ししか取らなかった右下の野菜を除く)

th_IMG_2325

スープは2回おかわりしちゃいました!

 

朝ごはんを食べ終わって、懐中電灯をフロントに返しに行くと

th_IMG_2327

サンライズツアーに参加した人はお土産としてこの手ぬぐいがもらえます!

嬉しい!!

 

インドネシアは暑いのでチェックアウトまでには乾くだろうとササっと洗濯をして、再度ボロブドゥール遺跡へと向かいます!

th_IMG_2328

ボロブドゥール寺院は約1200年前に造られた世界最大級の仏教寺院。

19世紀の初めにイギリスのラッフルズ提督に発見されるまで、1000年以上もの間ジャングルの中で土に埋もれていたらしいです。(ホントに不思議)

建物は9階層からなる階段ピラミッド状。

一番下に一辺約120mの基壇、その上は5階層の正四方形、その上は3階層の円形でできていて、仏教の三界(欲界、色界、無色界)を表しているそうです。

正四方形の階層は長い回廊となっていて、仏教説話に基づいたレリーフが時計回りに続いています。

その数なんと

 

1400以上!!!

 

桁違いですね!

 

ホテルで見たムービーで得た知識を振り絞ったところで、見学に向かいたいと思います。笑

前日ホテルでボロブドゥールの歴史を勉強したブログはコチラ

 

サンライズを見たときは真っ暗で全然様子がわかりませんでしたが、いざ昼間に来てみると

th_IMG_2301

めっちゃデカい!!!

 

デカすぎて全然カメラに収まりきりません。汗

th_IMG_2299

階段を登ってみます。

th_IMG_2291

正四方形の回廊にはこんな感じでビッシリとレリーフが彫ってあります!

昔の人たちすごすぎる!

 

回り方としては

 

上段のレリーフを見て時計回りに一周

一周し終わったら次は下の段を見て一周

階段を登って上の段でそれを繰り返す

 

です!

th_IMG_2294

中央で寝ているのがマヤ夫人。

象が天から舞い降りて来て、自分のお腹の中に蚊いるという夢を見ている様子のレリーフ。

th_IMG_2132

こちらがホテルのムービーの中で出てきたわかりやすい色つきのもの。

th_IMG_2295

出産のため馬車で故郷へ向かうマヤ夫人。

th_IMG_2133

こちら色つき。

th_IMG_2296

そしてこちらが有名な生まれたばかりの王子(のちのお釈迦様)が歩き始め、その足がついたところにハスの花が咲くというシーン。

th_IMG_2134

こちら色つき。

 

このように、仏教説話に基づいたストーリーが1段目からレリーフで続いています。

仏教の総本山とも言えるこのボロブドゥールへ来るために、当時の人たちは何日も、何ヶ月も歩き、この教えを上へ登りながら見て学び、頂上の無色界まで上がっていったそうです。

th_IMG_2290

th_IMG_2293

th_IMG_2292

それにしても細かいレリーフ。どうやって彫ったのか不思議でなりません。

th_IMG_2297

仏像もたくさんあります。

th_IMG_2287

床は綺麗な石畳。

th_IMG_2289

奥に見える顔のような門。

あれを超えるとストゥーパがずらりと並ぶ無色界(だったはず)です。

th_IMG_2284

犬のような石像とゆきピー。

th_IMG_4157

レリーフが描かれた壁面も、かなりの高さでした。

th_IMG_6269

二人でパシャり!

th_IMG_4144

僕はどこでしょう?笑

th_IMG_2338

ここは遺跡の端っこ。

この中にもたくさんレリーフがあるらしいのですが、建物が重さに耐えられないなどの理由で補強している部分が外せないそうです。

th_IMG_2303

しかし大きい!!!

 

歴史に触れ、実際に見学し、なんだかこの遺跡が栄えてた頃にタイムスリップできたような、楽しい時間を過ごすことができました!

th_IMG_4111

ありがとう!ボロブドゥール遺跡!

 

思う存分楽しんだ僕とゆきピーはホテルへ戻り、チェックアウトの準備へ!

th_IMG_2339

部屋の近くにあった仏像とゆきピー。

 

今回泊まった

 

マノハラホテル

 

宿泊費は一部屋2,000,000ルピア(約16500円、二人で泊まったので一人8000円くらい)

一見なかなかの金額に見えますが、この費用の中にはボロブドゥール遺跡に行くなら必ず必要な

 

入場料337,500ルピア(約2800円)

 

が無料で付いてきますし、ホテルで見られるムービーでしっかり勉強できますし、朝ごはん美味しいし、遺跡内にあるのですぐ見学に行けることを考えたらそんなに高くないと思います!

 

そして何より(ここ大事!)サンライズツアーに参加する場合、他のホテルや宿から参加する場合一人450,000ルピア(約3700円)かかりますが、このホテルに泊まっていれば

 

275,000ルピア(約2300円)

 

で済みます!

ツアーは4時半からなのですが僕たちが参加したときはその時間にはマノハラホテルの宿泊者しかいなかったのでほぼ確実にいい位置を確保できます。

それに遺跡の敷地内にあるのでちゃんと起きられれば間違いなく日の出に間に合います!(寝坊にはご用心。笑)

 

なんかマノハラホテルの回し者みたいになっちゃいましたが

 

日帰りではなくゆっくり遺跡観光をしたい方

 

そして

 

サンライズツアーを楽しみたい方

 

にとっては間違いなくオススメです!

ホテルの様子は前回のブログからどうぞ!

 

さて、チェックアウトした僕とゆきピー。

これでインドネシアとはおさらば。

 

この後、世界一周4カ国目になる

 

ラオス

 

へ向かうのですが、飛行機の乗り継ぎの関係で一旦マレーシアに戻ります。笑

th_IMG_2340

本当はローカルバスを使いたかったのですが、飛行機に遅れるとマズイのでホテルの送迎サービスを使いました。

th_IMG_3178

チェックインをして

th_IMG_2344

出発ロビーへ。

このロビー、ご飯屋さんやコンビニなどはなく、あるのはこれだけ

th_IMG_2342

質素か!!!

 

水さえあればどうにかなるっしょってスタイルです。

やってくれるぜジョグジャカルタ!

th_IMG_2345

というわけで飛行機に乗ります!

th_IMG_2347

ありがとうバリ!

ありがとうジョグジャカルタ!

ありがとうボロブドゥール!

 

そして

th_IMG_2017

ありがとうケム!!!

 

また会いに来るからねー!

th_IMG_2350

続く。

Pocket
LINEで送る

SUPPORT

  • AYUMU HOME
  • sanktus

PROFILE

山口昂良

「群馬の子どもたちに世界を。世界中の人たちに群馬を」をコンセプトに、ぐんまちゃんと一緒に新婚旅行で世界一周しました!

instagram @kosuke_ilmondo